映画狂凡人

さいきん見た映画の感想を書いています。ネタバレありなので未見の方は注意してください。

「健康で文化的な最低限度の生活」第1話 感想:吉岡里帆主演ドラマ、三度目の正直

こんにちは。じゅぺです。

今回は「健康で文化的な最低限度の生活」第1話の感想について書きたいと思います。映画ブログを名乗っていながら、ほとんどドラマの話しかしてませんね、いまのところ。

f:id:StarSpangledMan:20180718004625j:image

「健康で文化的な最低限度の生活」は、フジテレビ系列火曜21時の枠で放送。この次の時間内にTBS系列で「義母と娘のブルース」があるので、火曜の夜は大忙しです。

主演は吉岡里帆です。吉岡里帆といえば、女優でありながらはじめはグラビアアイドルとして人気が出た方です。小池栄子パターンですかね。女優としては「カルテット」で元地下アイドルのサイコパスを演じて結構な評判になりました。その後、「ごめん、愛してる」と「きみが心に棲みついた」で主演を務めていますが、僕はどちらも見ていません。特に後者はかなり酷いもので、第2話の途中で脱落しました。ドジっ子の演出に「荷物をたくさん抱えて走っていたら、段差につまずいて全てぶちまけてしまう」みたいな古臭いイメージ使ってる時点でいろいろ終わってます。好きな女優なんですが、主にそれはルックの話で、そろそろ良い作品こないかな〜と思っていたところでした。なので「健康で文化的な最低限度の生活」にはかなり期待しているのです。

肝心のお話ですが、僕は結構楽しめました。ざっくりいってしまえば、ただ「遠藤憲一が説得されて法テラスに行く」というだけの話なのですが、そこに至るまでのえみるの奮闘が丁寧に描かれていて、おもしろかったです。同じ生活課といえど、働く人の考えはそれぞれ異なるようで。受給者にわりと冷淡な態度をとる京極係長(田中圭)や、物腰柔らかだがどこか胡散臭い半田(しかも井浦新)、なにか事情がありそうな同期の栗橋(川栄李奈)などなど、個性豊かです。俳優陣も芸達者な人ばかり。これから深められるであろうサイドストーリーにも注目したいですね。そして、主演の吉岡里帆。彼女の爽やかなルックと、振る舞いや声から感じるあざとさが、ひたむきに仕事に取り組むえみるの実直な人柄と、ふしぎと噛み合っている気がします。彼女自身、かなりストイックな性格らしいので、そこらへんのパーソナリティも、もしかしたらキャラに反映されているのかも?しれませんね。井浦新川栄李奈との絡みも楽しみです。個人的には、はじめて彼女の魅力が存分に味わえる作品になるではないかと、いまからワクワクしています。この作品が彼女のキャリアの重要なターニングポイントになることを期待して、毎週火曜日を楽しみに待ちましょう!