映画狂凡人

さいきん見た映画の感想を書いています。ネタバレありなので未見の方は注意してください。

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」感想:魔法なんていらない

こんにちは。じゅぺです。

今回は「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」について。

f:id:StarSpangledMan:20180907180539j:image

志乃ちゃんは自分の名前が言えない」は押見修造による同名漫画の実写化作品です。とてもすばらしい作品でした。鑑賞して1日経ってもいまだに志乃ちゃんのことが頭の中をぐるぐるしています。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない」って不思議なタイトルですよね。主人公の志乃ちゃんは新生活の環境に適応できず、吃音症になってしまいます。自己紹介でも緊張と恐怖で自分の名前がはっきり言えない。そんな彼女を見つめるクラスメイトの刺すように冷たい目線がさらに志乃ちゃんの心を傷つけ、彼女を殻の奥へ、奥へと追いやっていきます。そして、出だしでつまずいてしまった志乃ちゃんは、このあとずっと自分を素直に出せなくなってしまいます。彼女が苦しそうに吐き出す、声にならない心の叫びが痛々しく、そして切ないです。

しかし、そんな辛い学校生活を忘れさせてくれるのが加代との時間。喉をめいいっぱい開いて、抑え込んでいた気持ちを爆発させるかのように力強く透き通った声で歌をうたう。歌をうたっているときの志乃ちゃんの顔は明るくて、とっても可愛い。ふたりでバンドを練習する時間は、志乃ちゃんにとってかけがえのない大切な時間であり、希望でした。そして何より、どのクラスメイトにも教えていない趣味や特技をお互い知っているということこそ、志乃ちゃんにとってこれ以上ない喜びだったのではないでしょうか。秘密を共有するほど深い仲、強い絆で結ばれているのだという実感が、彼女に自信を与えていたはずです。しかし、そんなしあわせなひと時でも、殻に閉じこもっているときの志乃ちゃんの顔がふと思い出され、きっとこのしあわせな時間が永遠に続くことはないだろうという予感がしてしまうのです。

このあとの展開は、正直好みが分かれるところかと思います。志乃ちゃんと加代のあいだに、ひどい言い方をすれば、「邪魔者」が現れるのです。二人だけの空間に割り込んできた異質物。ここで加代が菊池をあっさり受け入れたことに志乃ちゃんはショックを受けます。だって、二人の間でしか成立しないはずの「秘密」があっさり裏切られてしまうのですから。

このあと再び殻の奥に閉じこもってしまった志乃ちゃん。一方の加代はなんど志乃ちゃんに拒絶されても諦めず、文化祭当日、ひとりでステージに立ち、必死に彼女への想いを歌に乗せて叫びます。「魔法はいらない」と。

志乃ちゃんは名前が言えない、加代は歌が上手くうたえない。菊池は空気が読めない。誰だって足りない自分を嘆き、恨み、コンプレックスに押しつぶされそうになっている。苦しみの大小は比較できないけど、みんな何かしら「できない」人のはずです。志乃ちゃんも加代もあれだけ仲がよかったのに、どうしてすれ違ってしまったのでしょうか。けっきょく、志乃ちゃんは自分で自分を呪ってしまっていたのだと思います。それがいいとか悪いとかではありません。ただ、彼女は脆かった、そして、登校初日に心が折れてしまった。志乃ちゃんに加代や菊池が差し伸べた手をつかむ勇気があれば。そう思わなくもないけど、こればっかりは仕方がないことです。ボタンの掛け違いが起きてしまったというだけのことだったのだと思います。

加代の歌で吹っ切れたように志乃ちゃんはため込んでいたすべてを吐き出します。周囲の人間の無理解への苛立ち、うまく言葉が紡げずどんどん置いていかれる焦り、本当はこんなはずじゃなかったのにバカにした目で見られる悔しさや恥ずかしさ、そんな状況から抜け出せないもどかしさ、大切な友人を傷つけてしまった愚かで弱い自分への怒り…一度吐き出し始めたら止まらない。これまで彼女がいかに我慢し、耐えてきたのか。その壮絶な葛藤を想い、僕も思わず泣きました。歪ながら強烈なクライマックスです。

このときの志乃ちゃんが号泣しながら鼻水を垂らすのですが、なぜだかこれが全然汚くなくて、むしろ顔中から水が吹き出しても気にならないぐらい必死に叫んでいるのだと、その美しさに恍惚としてしまいました。志乃ちゃんが鼻水を垂らすのはこれが2回目で、1回目は中学の同級生にいじめられている加代を庇ったときにも垂らしていました。こちらもやはり純粋で汚れがない鼻水なんですよ。あまり鼻水の話ばかりすると変態っぽいですが、現役モデルの南沙良が見た目も気にせず全力で演技しているという点を含めて、すっごい印象的でした。

そしてラストカット。これまで空気のように扱われてきた教室で、前の席の女の子が志乃ちゃんに筆記具を貸します。彼女はぎこちない笑みで、まだ完璧に直ったとはいかないまでも、あのきれいな声でうれしそうに「ありがとう」と言うのです。きっとこのあと彼女は、徐々に自分の弱さをゆっくりと克服していくのでしょう。加代や菊池とはどうなるんだろうな。でも、彼らが仲直りするのにもそんなに時間はかからないはずです。だってもう志乃ちゃんに「魔法はいらない」のですから。