映画狂凡人

さいきん見た映画の感想を書いています。ネタバレありなので未見の方は注意してください。

「マスカレード・ホテル」感想:プライドのぶつけあいが熱い異業種バディ

こんにちは。じゅぺです。

今回のレビューは「マスカレードホテル」です。

当ブログは一応全記事ネタバレありですが、あらかじめ断っておくと本作のトリックについても言及しています。未見の方はご注意ください。

f:id:StarSpangledMan:20190122222951j:image

「マスカレード・ホテル」は、高級ホテルで予告された殺人事件を阻止すべく、人を「疑う」刑事とお客様を「信じる」フロントクラークがタッグを組んで犯人特定に挑むミステリー映画です。「ガリレオ」シリーズでおなじみの東野圭吾による同名原作を、木村拓哉主演でフジテレビが製作しています。「いかにも」な布陣になっており、プログラムピクチャーとしてはかなり手堅い体制だなと思います笑 特にフジテレビ製作のこの手の映画はあまりいいイメージはなかったのですが、これが意外に楽しめる作品だったのです。

 

謎解きを楽しむミステリとしては…

あらすじに書いた通り、この映画は一応「ミステリー映画」の枠だとは思うのですが、謎解きパートに関しては少々食い足りなさが残ります。おそらく作り手も重点を置いていないのでしょう。一応、盲目の夫のために下見に来ていたはずの老婆が実は犯人でした!というどんでん返しはあるのですが、これもバレバレでしたね。老婆が特殊メイクというのも見ればわかるし、鼻筋だけでなんとなく松たか子が演じているということは察しがつきます。そもそも一瞬しか出番のない脇役にすら笹野高史高嶋政伸の弟(名前忘れた)を起用する豪華キャストのインフレ状態なのに、目立ちまくってた老婆だけ演者不詳で退場するはずがありませんね。例のごとくクライマックスで動機も含めて全部自分語りしてしまいましたし、こと謎解きに関しては不満しかありません。はっきり言ってガッカリでした。

 

プライドをぶつけ合う異業種バディ

一方、プロとしてプライドをぶつけ合いながら成長していく主人公二人の掛け合いと関係性の変化がとても楽しかったです。「キムタクはなにを演じてもキムタクになる」と揶揄されるように、キムタクは「キムタク力」が強すぎて、演じるキャラクターに幅がないのは事実。ですが、映画の作り手は「キムタクとは?」を突き詰めてキャラクターに昇華させてこそ、なのではないでしょうか。今回の新田刑事も「HERO」の久利生とかぶる点も多いですが、フロントクラークの山岸にホテル接客のお作法を学びながら、徐々に角が取れて人間的にも成長していく、という流れがとても心地よく、僕的には少し新鮮でした。だいたいの作品って彼が「古いルール」を壊していく立ち回りであり、それに従う光景を見た記憶があまりなかったので(それもまた単なる「キムタク」のイメージでしかないのかもしれませんが)。対する長澤まさみも強い信念を持つプロとしての山岸を好演していました。新田との出会いを通して戸惑う彼女に、まだ少し自分の中の芯が固まりきっていない未熟さみたいなものを感じました。とても魅力的なキャラクターになっていたと思います。

やはりプロ同士のプライドのぶつかり合いは見ていて気持ちがいいですね。目の前にいる人をとりあえず疑ってみるのか、それとも丸ごと受け入れて信じるのか。邪魔し合っていた刑事とホテルマンの習性の違いが、事件解決というひとつの共通目標に向かって走っていく中で、むしろ新たな知見を生む「強み」になっていく過程は、とても面白かったです。異業種バディものとしては定番ですが、ピタッとはまったときは心地よいものです。中でも印象的なのは、ふたりが自分のプライドと「クビ」をかけて決意を語り合うシーンです。無音の演出が面白い。時にいがみ合っていた二人がついに運命共同体、本当のバディになるのです。あくまで背中を映し、顔を見せないのも遊びがあってよかった。本作屈指の名シーンだと思います。

 

演出のしつこさについて

演出もあえてテレビ的な演出を避け、レールを使ってカメラをグルグル移動させてみたり、豪華なホテルの内装を見せるためにパンで撮ってみたりと、非常にリッチな雰囲気になっていたと思います。切り返しを多用するような手抜きの会話が気になっていないのはよかったです。一方で、なんどもペーパーウェイトを映したり(5,6回ぐらい?)、フロントからホテル外観までをワンカットの引きで映す構図を2,3回使ったりと、とにかくしつこい演出も多かったです。あんなものをは一回見ればわかるし、なんども説明されては興ざめです。

いちばん酷かったのはエンドロール後のおまけシーンですね。新田と山岸がお互い後ろ髪引かれつつも任務の終了と共に元の日常に戻っていく…というオチのままで良かったと思うのです。ちょっぴり切ないし、「もっと見たい!」と思わせるぐらいがちょうどいいです。恋愛色を排しているのも僕的には好感度高かかったですし。それなのにわざわざ最後に二人がデートするシーンを足しているんですよね。蛇足にもほどがあります。そういうところがフジテレビのセンスなんだよな〜と思ってしまいました(もし原作にもあるならフジテレビの人ごめんなさい)。あれさえなければ僕の中では作品の評価が一段上がるぐらい、もったいない!と思うポイントでした。

 

全体的には、それなりの期待値で行って、それなりに満足して帰れたのかな、という感想です。こういう可もなく不可もなしな作品を見るのも楽しかったりするんですよね。ちなみに、どうでもいい話なのですが、石川恋の出番がほとんどなかったのは不満でした笑 もっと目立ってほしかったなー!