映画狂凡人(映画感想ツイート倉庫)

さいきん見た映画の感想を書いています。ネタバレありなので未見の方は注意してください。

「天国はまだ遠い」感想

f:id:StarSpangledMan:20200329225324j:image

天国はまだ遠い、みた。17年前に死んだ女子高生・三月の幽霊とAV編集を生業とする男、彼の元に訪れる三月の妹。やはり震災を連想。大切なひとが消えても、世界は変わらず回り続ける。本当にそこに死者は存在するのか?という緊張感。ヒリヒリとした居心地の悪さの設計で濱口竜介に勝るものはない…。

残された側の人間はただ死者がすぐそばにいるのだと信じることしかできない。そう信じ、願いさえすれば心の傷を癒したり、死者に「好きだ」と告白することすらできるのかもしれない。三月は「私は雨に濡れることも、匂い嗅ぐこともできないけど、音を聞き、目で見ることができる」と言った。

これって、まさしく映画を見ている自分自身の置かれている環境だと思った。俺はただ画面越しに人物を眺めることしかできない。話しかけることもできなければ、筋書きを変えることもできない。ただ観客として向こう側の人間のために祈ることしかないのである。

「天国はまだ遠い」は雄三の見る三月が本物の三月なのかどうか最後まで明かされることはない。現実とファンタジーの境界があいまいなのだ。そこがまた面白く、気持ち悪いところでもあるのだけど。人は「嘘じゃないかな?」と思っても、どうしても本当のことなのだと信じたくなる時がある。

なにか結論めいたものがあるわけではないけど…三月が本物の幽霊なのか?それとも雄三の妄想なのか?という疑問、それから何にも触れられない三月の立場は、現実と虚構=フィクションの関係、そして観客と映画の関係と密接に関わっているように思えてならなかった。

もっと言うと〈嘘=虚構=死者の存在を信じること〉についての作品としてまとめてもいいのかなと。なかなか整理がついてないけど、少なくとも芯にそういうものがあったんじゃないのかなとは思いました。面白かった。

「母なる証明」感想

f:id:StarSpangledMan:20200329171038j:image

母なる証明、傑作。殺人で逮捕された知的障害の息子のために真犯人を探す母。これは母ゆえの愛情なのか、それとも息子への執着なのか。この世界に混じり気のないピュアな善意だけの人間などいない。エゴと保身と強欲。ひんやりとした感覚だけが胸に残った。何よりユーモラスで悲哀たっぷりの踊りよ!

「男は嫌い?」と「お前はバカだ」。何度も繰り返される印象的なフレーズだが、ここにはグロテスクな男尊女卑社会の構造、そして弱者の声に誰も耳を傾けない現実とその歪みが凝縮されていると思う。「母なる証明」では徹底して弱い立場の人間が切り捨てられる。一人としてその声が届くことはない。

死んだ顔して踊る母。力のない腕の動き。彼女の人生とは、一体何なのだろうと考えてしまう。彼女は息子の服についた自分の血を見て大騒ぎするような母親なのである。息子の身に何かあったらと案ずるあまり、不安と焦燥感で居ても立っても居られない。あの場面だけで、ああこの親子の愛は歪なのだと。

母の愛に対する息子のアンサーがない。徹底してすれ違っていると思った。共依存的でありながら、噛み合ってないのである。

「天井桟敷の人々」感想

f:id:StarSpangledMan:20200328232259j:image

天井桟敷の人々、みた。パリの芝居小屋で繰り広げられる恋愛模様を描く。愛しあう二人にパリの街は狭い。いやあ、面白かった。美女ガランスに対する三者三様のアプローチ!威張り散らすフランソワ、グイグイいくナルシストのフレデリック、一歩引いて後悔するバチスト。ここにホンモノのドラマあり!

ガランスがまあまあ大人の人なので「若い美女」みたいな扱いは正直?でした。しかしこの人だけは何年経っても変わらない。まわりの男たちが出世したり、さらなる悪事に手を染める一方で、彼女だけは堂々たる美しさを放ち続けている。後半、芝居小屋の同窓会が楽しいのだけど、やはりガランスだよ。

はじめはバラバラだった3人の男たちの恋と対立が、パズルのピースがハマっていくように収束していく、その過程に惹かれた。彼らの性格も繊細に描かれていて。3時間近くあるけど、長さは感じない。謝肉祭の賑やかさと正反対の切ないラストも良い。しかし、奥さんが可哀想すぎませんか…。

「コタキ兄弟と四苦八苦」全話感想

f:id:StarSpangledMan:20200328100616p:image

コタキ兄弟と四苦八苦、みた。レンタル親父と行きつけの喫茶店の看板娘。個性豊かな依頼人との交感、そして終盤の驚きの展開。シンプルな構成ながら〈生きる苦しみ〉をユーモアたっぷりに描く。野木脚本の生真面目さと山下演出の脱力感、そして主演陣の自然体な演技が最高に心地よい空気を作っていた。

樋口可南子客演回がいちばん好き。死期を悟った依頼人とレンタル親父の他人ならではの距離感。寄り添いすぎると逆に鬱陶しいという切なさ。カリスマレンタル親父のエピソードでは親父のエンパワーメントを描いた。親父だって弱音を吐きたい。手軽に疎んでいい存在なんかではないんだと。

それからさっちゃんの昔の恋人、古滝兄弟のオヤジ。家族というしがらみにフォーカスした後半は野木節全開だった。しかし暗くなりすぎない。絶妙な間にプロの技を感じた。古舘寛治滝藤賢一の〈演技しない演技〉は良かったなあ。本作は二人がもともと芝居がしたくて立ち上げた企画らしい。

入れ替わりエピソードはその真骨頂だった。さっちゃん役の芳根京子もどんどん存在感を増して、最後は作品の欠かせない柱になっていた。短尺ながら見応えのあるドラマでした。続編希望。

「網走番外地」感想

f:id:StarSpangledMan:20200327214743j:image

網走番外地、みた。危篤の母に会うため脱獄を試みる男の物語。悪事のレベルで威張る雑居房で、ただ一人じっと苦い顔をする高倉健。捨てた妹と母のために耐え忍ぶ。雪原を駆け抜ける脱走劇が楽しい。ネプリーグみたいな列車レース、運に身を任せた汽車作戦。母への愛で通じ合うラストは…笑

〈スケ〉への乱暴話に鼻息荒くして耳を傾ける男たちが、「おっかちゃんに会いたい」と泣き叫ぶ。新入りの入所者をいびり、仲間には犯した罪の重さを自慢し、刑務官にはいたずらを仕掛ける。彼らのメンタリティはどこまでも中学生男子みたいだ。そういう昭和の男社会で高倉健だけ違う顔つきをしている。

正直、これって高倉健のアイドル映画だよね、という気持ちは拭えない。そこまで楽しい映画だとは思わなかったけど…最後のママの無事を知って満面の笑みの高倉健は良かった。これまでのムチャクチャがすべて無かったことになるラスト。ある意味潔く爽快。

「気儘時代」感想

f:id:StarSpangledMan:20200325231536j:image

気儘時代、みた。アステア×ロジャースの8作目。今回はアステアが精神科医!クラブでゴルフボール打ちながら踊ったり(珍しく屋外)、謎の催眠術ダンスがあったり、ロジャースが銃持って暴れ回ったり。意外にもスクリューボールな味わい。パーティ会場を縦横無尽に楽しそうに踊る二人にうっとり。

フレッド・アステアのダンス映画は好きで時々見てるけど、いちばん盛り上がるのは必ず中盤。男と女が互いに相手との距離を図りあいながら、踊りを通して真意を探る。音楽にあわせてタップするうちに、勝手に体の動きが、そして心が同期してしまう。この高揚感!たまらないですね。

今回もパーティ会場でアステアとロジャースが踊る。真ん中のステージで舞う二人を祝福するように、周囲の客たちも体を寄せ合って踊りはじめる。アステアとロジャースはそのまま会場の外に出て、あっちの部屋からこっちの部屋へ移動しながら踊り続ける。躍動感がすばらしい。こういう動きがあってこそ。

「気儘時代」はコンビでも最後の方の作品。そのせいか設定も少々突飛で、新しいことにチャレンジしているように見える。はじめてアステアとロジャースがしっかりキスをした作品とのことだが、たしかに違和感。アステアはそういうセクシュアルなイメージはないから。あくまでロマンティックな紳士。

 

「ハッピー・デス・デイ 2U」感想

f:id:StarSpangledMan:20200322004031j:image

ハッピー・デス・デイ 2U、面白かった!こんどは恋人のルームメイト・ライアンがタイムループに巻き込まれ…。しかし今回も主人公のツリー大活躍。ライアンにブチギレまくるのがメチャクチャ可愛かった。彼女がどんどんタフになって最短攻略ルートを覚えていくのはあまりに気の毒だけど笑ってしまう。

1作目のアイデアをここまで面白く膨らませられるのは奇跡に近いんじゃないかってぐらいバッチリはまった設定でしたね。彼女がタイムループの苦しみから解放されるにあたって迫られる決断。この手の映画ではド定番ではあるが、前作で散りばめられたピースを丁寧に拾っている。コミカルな中にも切なさ。

怒りもヘイトも素直にぶちまけまくるツリー。そこを観客に嫌われないバランスで、むしろチャーミングなキャラクターにしてしまうジェシカ・ロース!彼女が追い込まれてどんどん酷い目にあうほど、好きになってしまう。俺だったらヤケになってるよ。これほど応援したくなる主人公はなかなかいない。