映画狂凡人(映画感想ツイート倉庫)

さいきん見た映画の感想を書いています。ネタバレありなので未見の方は注意してください。

「彼女と彼女の猫 - Everything Flows -」感想

f:id:StarSpangledMan:20190818110154j:image

彼女と彼女の猫 - Everything Flows -、みた。転校して一人ぼっちだった女の子が猫と出会い、やがて東京で社会に揉まれていく。江國香織の「デューク」を思い出す脚色。原作の閉じた世界観が好きな身としては物足りなさもあるが、優しさに溢れる良作でした。でも、猫ってそこまで考えてるかなあって。

「ダンスウィズミー」感想

f:id:StarSpangledMan:20190817172024j:image

ダンスウィズミー、みた。超絶大傑作。音楽を聴くと踊らずにはいられない催眠にかかったOLの珍道中を描く。チャーミングで少々毒っ気のある矢口節はミュージカルを題材にしても健在。三吉彩花が最高にかっこいい。そして宝田明の色気!まわりの目なんて気にせず本当にたのしいときは「一緒に踊ろう」。

f:id:StarSpangledMan:20190817172030j:image

前作「サバイバルファミリー」ほどの爆発力や意外性はなかったが、笑顔で劇場を出て、さっそく音楽をかけたくなるステキな作品でした。俺はオープニングから「この映画好きだな」って確信はあった。タイトルの出し方もいいし、宝田明のダンディで飄々とした佇まいがイカしてる。いい感じに「昭和」だ。

静香の幼少期にこの番組はさすがに古すぎるだろとは思ったが…。昭和の懐メロを中心にサウンドトラックを組む試みは「SUNNY 強い気持ち・強い愛」でも見られた。ちょっと選曲がジジイすぎるのと、主人公の世代とのズレは感じる。つまり、よくもわるくも宝田明に寄っているわけ。

オープニングのインチキ=催眠術がすべてなのだと思う。ブラウン管の向こう側で起こるファンタジーに観客は吸い寄せられていく。ウソをウソとわかって騙される大らかさ=ミュージカルとは何かがここで提示されているのではないか。酒でも入らないと踊らない日本人。でも、ホントは暴れたいんじゃない?

宝田明が「ジャージー・ボーイズ」で言うところのクリストファー・ウォーケンなのではないかという指摘。ミュージカルの大御所としてのふたりの経歴、そして映画における立ち位置も近似している。宝田明=マーチン上田は時空をまたぎ、静香と観客に歌って踊ることのエクスキューズを与える。

三吉彩花を見に行ったつもりだったのに、宝田明のことばかり語っている。それぐらいカッコよかったです。で、もちろん主演の彼女もすばらしかった。手足はすらりと長く、肩もすこしキュッとあがっている。華奢というより、骨格がしっかりしてる。どちらかというと中国や韓国の大陸系のスタイルの良さ。

前半は「このあとみんなから白い目で見られる」ことがわかっているから、華やかでありながら、ちょっぴり恥ずかしさが勝るミュージカルシーン。それが中盤のとある場面から徐々にポジティブかつ解放的な意味合いを持ち始める。そう、これはフィクションを通して分離した自己を取り戻す、覚醒の物語。

三吉彩花、正直あまり演技がうまいわけではない(コロコロ表情が変化するのは可愛い)のだが、彼女の身体性というか、スタイルの良さと上品な立ち居振る舞いですべて語れてしまっていると思う。やしろ優との相性も最高。予想外の出会い、妥協だらけの貧乏紀行。歌と踊りを通した絆。身体で語る映画だ。

 

「やくざ絶唱」感想

f:id:StarSpangledMan:20190815233239j:image

やくざ絶唱、みた。傑作。異母妹を守ることだけが生きがいの兄・実。獣のように周囲の人間を殴り、暴れ続ける。勝新太郎のでっぷりした体躯とつぶらな瞳が、倒錯した純愛を強烈なものにする。兄の想いに反して男を引き寄せるあかねもまた罪な存在。ふたりの共依存的関係は破滅によってしか終わらない。

「彼女と彼女の猫」感想

f:id:StarSpangledMan:20190815200721j:image

彼女と彼女の猫、みた。傑作。この後の監督の作品のタネがたくさん散りばめられている。あいかわらず「お姉さん」なのと、新海誠がひたすらボソボソしゃべっているあたりは笑ってしまったけど…やはりこの世界への独特のまなざし、感じ方!女性の細い指や髪を止める仕草がとてもいい。

「コンチネンタル」感想

f:id:StarSpangledMan:20190812212716j:image

コンチネンタル、みた。アステア&ロジャースの黄金コンビ初主演映画。すれ違い方が相変わらず強引で可笑しい。「タイトルナンバーの「コンチネンタル」や「夜も昼も」の優雅でダンサブルなメロディ、そしてアステアのすらっと伸びた足の機敏な動きとロジャースのドレスの甘美な舞いにうっとり。傑作。

「よこがお」感想

f:id:StarSpangledMan:20190812155537j:image

よこがお、みた。介護士の身に降りかかる理不尽をふたつの時間軸で描く。親愛の情から失望、そして憎悪へ。冷たい空気と嫌悪感。ずるずると泥沼に沈んでいく市子の悲劇は、誰にでもあり得る話。横顔はその人の一部でしかない。人間はアシンメトリーで不安定。どこから切り取っても全体は見えないのだ。

「幸福の設計」感想

f:id:StarSpangledMan:20190812004225j:image

幸福の設計、超絶大傑作。パリの下町に生きる夫婦の小さな騒動を描く。美しく快活な妻・アントワネットと好青年だが甲斐性のない夫・アントワーヌ。小気味好い会話劇から宝くじを巡るサスペンスへ。あまりに些細でまぬけな騒動。きっとこれからずっと二人の語り草になるのだろう。多幸感に浸る。最高!

びっくりするぐらいバカバカしくて笑えます。特に大事なミスに気付いた後のアントワーヌの表情!誰だってああいう顔になるよね。もう人生すべて終わってしまったかのような脱力感と絶望。それにたいするアントワネットのリアクションもいい。多くを語らず、ただそっと側にいる。そこに夫婦の絆がある。

ご近所に住む駅のきっぷ売り場で働くおしゃべり好きのお姉さん(あまりにおおらかすぎる笑)や、住人にチケットを売り込むボクサー、そしてアントワネットに言い寄る向かいの通りの商店のオヤジ(結構気持ち悪い)など、脇役のキャラクターも粒が立ってる。毎日こんな人たちと暮らして楽しいだろうな。

転々とする宝くじのくだりはロベール・ブレッソンの「ラルジャン」を思い出したり。正直お話自体はあまりにしょーもないのだけど、話運びと演出の技が極上なので、ものすごい興奮と熱量がある。大きな仕掛けなんてなくてもこれだけ魅せきれてしまう。ほんとうに素晴らしい映画でした。