映画狂凡人(映画感想ツイート倉庫)

さいきん見た映画の感想を書いています。ネタバレありなので未見の方は注意してください。

「リチャード・ジュエル」感想

f:id:StarSpangledMan:20200121075330j:image

リチャード・ジュエル、みた。爆弾テロの被害を最小限に食い止めた英雄が一転、容疑者としてFBIとマスコミの追及を受けた実際の事件を基にした作品。逮捕歴ありで実家住まい、趣味は銃撃の肥った貧乏白人。彼にだって無性の愛を注いでくれる母がいて、信頼できる友人がいる。当たり前のことなのに…。

マスコミは目先のスクープと手柄に目がくらみ、罪もない人を犯罪者に仕立て上げる。メディアスクラムの弊害はたびたび問題になってきたけど、結局自分たちから変えられなかった事実は、間違いなく昨今のマスコミ不信の原因のひとつであろう。

また、メンツのために、時にリチャードを騙してまで強引に捜査を進めるFBIも醜悪だった。ろくに証拠固めもせずにリチャードを犯罪者像に当てはめて、挙げ句の果てにマスコミに情報をリークしてしまうのは、呆れるほかなかった。若き日のワトソンがリチャードにかけた言葉を思い出す。

「権威は人を狂わせる」と。ショウ捜査官も、スクラッグス記者も、権力の魅力に呑まれてしまったのだろう。彼らには、あくまで自分たちがルールと人々の信頼のもとで力を預かっているに過ぎないという意識が欠けていた。社会や組織のダイナミズムに流され、プライドに溺れた可哀想な人たちとも言える。

時に軽率で愚鈍にすら映るリチャードだが、その純粋な心と強い正義感で、社会の不条理と戦う姿はヒーローだった。彼を見て思い出したのは「ハクソー・リッジ」のデズモンドだ。周囲の〈普通の人〉からすれば異常に近い、混じり気のない勇気が、日常からかけ離れたカオスな空間で突然輝きだす。

戦場でしか聖人たり得なかったデズモンドと、執着に近い観察眼で結果的に多くの命を救ったリチャードは、じつは近い人間なのではないかと思う。そんな彼がいきなり身に降りかかった試練を乗り越え、力強いまなざしで戦う様はとてもカッコよかった。そしてどんなことがあろうと息子を信じ続ける母の愛!

リチャードにたいする同情もあったけど、どちらかというと母親の気持ちを想像し、胸がぎゅっと締め付けられた。決して豊かではない暮らしを息子と二人で。それなりに慎ましく暮らしてきたところに土足で入り込むマスコミたち。辛かっただろうなあ。

「ジョジョ・ラビット」感想

f:id:StarSpangledMan:20200119013303j:image

ジョジョ・ラビット、みた。最高!無邪気な10歳の少年・ジョジョにとってファンタジーでしかなかった戦争。しかし、屋根裏の少女・エルサとの出会いをきっかけに、現実が立ち現れてくる。これはラブストーリーだと思う。目の前にいる人と心から向き合えたら、戦争なんてくだらないと気付くはずなんだ。

f:id:StarSpangledMan:20200119013041j:image

ドイツ訛りの英語でジョジョに話しかける〈空想上の友人〉ヒトラー。これ以上ないぐらいコケにしていて笑ってしまったが、時折ゾッとするような恐ろしさも見せる。ヒトラーの徹底的な道化としての扱いに、彼や彼が象徴する差別や憎悪に対するワイティティ監督の怒りを感じるのは、俺だけだろうか。

f:id:StarSpangledMan:20200119013144j:image

「生まれながらにして肌の色や出身や宗教を理由に他人を憎む人はいない。憎しみは後から学ぶものであり、もし憎しみを学ぶことができるなら、愛することも教えられるはずだ」とは、ネルソン・マンデラの言葉。子どもは大人の言葉を素直に信じる。ジョジョユダヤ人憎悪も大人から刷り込まれたものだ。

子どもって覚えたての悪口とか使いたがるものだと思うんですよ。特に意味をわかってなくても。ジョジョの〈戦争ごっこ〉やアーリヤ人信仰の耳を塞ぎたくなるような言葉の数々も、結局大人の真似をしているに過ぎない。でも、直してあげないで放っておくと、本当にそういう思考回路になってしまう。

そういう意味で、戦時中にあっても良心を忘れず、お酒を飲み、オシャレを楽しんだり、踊りに興じたりするジョジョの母・ロージースカーレット・ヨハンソンは、素晴らしかった。彼女の目に宿る優しさはホンモノだ。息子の靴紐を結ぶためにしゃがむその動作に愛が詰まってる。

トーマシン・マッケンジー演じるエルサもよかった。苛酷な状況でも生きようとする勇敢さ。それでも心無い言葉を浴びせられて傷ついたり、怒ったり。心細そうな表情をしたり。ワイティティ監督のつくるキャラには血が通っている。キャプテン・K=サム・ロックウェルもそうだ。脇役に収まらない良さ。

そして何よりラストシーン。終わり良ければすべて良しの評価基準の俺にとって、これほど気持ちいいラストはない。間違いなく今後も語り継がれる作品になるのではないか。

「mellow」感想

f:id:StarSpangledMan:20200118174747j:image

mellow、よかった!街の花屋と寂れたラーメン屋を舞台に繰り広げられる恋愛群像劇。きっとダメだろう、エゴだと思われるかもしれない。たくさん悩み、それでも言わずにいられない「好き」のひと言。どんどん広がっていく告白の輪。「ありがとう。でも、ごめんね」の優しさよ!気持ちのいい映画でした。

田中圭が困った顔したり、小ボケに突っ込むだけでメチャクチャ可笑しい。この人も声がいいんですよね。ボソボソ喋っても、大声張り上げてもおもしろい。ともさかりえとの掛け合いが最高で、いっぱい笑いました。「おっさんずラブ」といい、理不尽なシチュエーションに放り込まれるのが似合うのかも?

数あるエピソードの中でも、宏美=志田彩良と陽子=松木エレナのお話が好き。特に佐藤と三人で美容院の前にあつまる場面。よい!気持ちを伝えて振られれば後悔するかもしれない、どうして自分じゃダメなんだと虚しかなるかもしれないけれど。みんな最後は清々しい顔をしてるのよね。

mellowは、振られること、恋が成就しないことを、ぜんぜん否定的に描いていない。むしろ、そこに至るまでの過程、告白というアクションを起こしたことを、ものすごく肯定的に描いている。苦しみぬいた末の勇気を、やさしく受け止める。だから「ありがとう」になる。

今泉監督の作品はまだ「知らない、ふたり」「愛がなんだ」「アイネクライネナハトムジーク」しか見てないけど、どれも固定カメラでじっくり会話を撮る演出があって、それがすごくおもしろいのよね。舞台(あまり知らないけど)というかコントを見ている気分。どんどんズレていく会話を神の目線で見る。

「オリ・マキの人生で最も幸せな日」感想

f:id:StarSpangledMan:20200118145255j:image

オリ・マキの人生で最も幸せな日、みた。スウェーデン初のタイトルマッチを控えたオリが、ひとりの女性に恋してしまう。派手なことは一切起こらない。しあわせを求めるオリの旅路を静かに映しだす。国民からの声援、分不相応の重圧、慣れない環境…しかし最後に彼の目に映る景色は、とても美しかった。

「音楽」感想

f:id:StarSpangledMan:20200118144932j:image

音楽、みた。たまたまギターを拾った研ニは不良仲間と共にバンドを始め…。うまく弾きたいとか、カッコよく見せたいなんて気持ちの手前の、原初的な衝動。体と心の赴くままにかき鳴らす。音を奏でた瞬間の世界がうねり出す躍動を、オフビートなデッドパンとの対比で見せる、その自由さに滾りました。

型に縛られないというより、型を知らない、気にしない。いつも無表情で、会話の間も独特な研二は何を考えているのかさっぱりわからないけれど、彼の体の芯がものすごい熱を発しながら振動していることは確かにわかるのだ。シンバルのないドラムと二つのドラムから生まれるシンプルな音。これが快感。

とりあえず気持ちいいから、とにかく昂ぶるから鳴らし続ける。誰かのためではない、自分のための音楽。電子レンジの中の卵のように、身体中の分子が振動して、最後は爆発する。なんて贅沢で自由な体験なんだろう。

「ラストレター」感想

f:id:StarSpangledMan:20200118005256j:image

ラストレター、鑑賞後、自分も寝ても覚めても美咲のことを想い、視界に入るだけで胸が詰まりそうになる、そんな甘い日々を過ごしたような気持ちになる映画だった。手紙と恋心って同じで、渡しても受け取ってくれるのか、返事がくるかもわからない。でも、きっと通じているはずだと願わずにいられない。

だらだらと初恋を引きずってしまう中年。輝いていたのは大学の頃までで、そこから先は鳴かず飛ばず。そんな男の自意識の話なので、福山雅治で中和でもしない限り、なかなかキツイといえばキツイのだが。あの神木くんが…と思うと憎めないし、恥ずかしいけど、彼の感傷と自分の気持ちを重ねたくなる。

過去編と現代編で見事に演じ分けた広瀬すず。やっぱり若手女優でも他の追随を許さない、最高の表現者だと思う。しかし、俺が気に入ったのは森七菜。あの健気な裕里が松たか子になり(あのガチャガチャした落ち着かない動きが大人になってもおなじ!)、彼女の子がまた森七菜に成長して…愛おしい。

「2人のローマ教皇」感想

f:id:StarSpangledMan:20200116002026j:image

2人のローマ教皇、大傑作!バチカンが不祥事に揺れる2012年、ベネディクト教皇はフランシスコを呼び出し…。人は過ちを犯す。たとえ聖職者であっても。そして戦争、独裁、環境破壊…人類は何度も同じ罪を犯し、歴史を繰り返す。それでも赦し合わなければならない。まずはすぐ隣の〈分からず屋〉から。

田舎の教会の告解室からサン・ピエトロのバルコニーへ。世界は分断されている、今こそ壁ではなく橋を!と叫ぶけれど、酒を飲み交わし、共に同じ神を信じる仲間とすら、人は分かり合えないものだ。しかし、だからと言って諦めていいのか?主義主張で争う前に、目の前にいるひとりの人間と向き合おう。

ローマ教皇ですら清廉潔白ではない。若い頃の過ちを悔やみ、後ろ指を指され続けるのだ。しかし、自分の弱さを知り、より良くあろうと努力を惜しまず、そして、他人の過ちを許せる人は、強いと思う。本当の意味で人間と向き合っていると言えるから。

フランシスコが教皇としての運命を受け入れることができたのも、「神の声が聞こえない」と苦しむベネディクトが光を掴んだのも、結局そこに〈赦し〉があったからではないか。そして対立する2人が最後に見た景色こそ、争いや格差のない、平和な世界への道なのだと思う。ミクロとマクロの行き来が秀逸。

基本的にじいさん2人で散歩しながら会話しているだけなのだが、これがメチャクチャおもしろい。顔の皺一つひとつにこれまでの苦悩や葛藤、背負ってきた重荷が刻まれている。フランシスコとベネディクトの「話が通じない…」の表情が良い笑 幾重にも思考と感情が重なった上に表出するのがアレなのです。

人類が繰り返してきた歴史上の過ちと、2人のローマ教皇が過去に犯した罪の対比。分断される世界と、フランシスコとベネディクトの意見の対立。この二つの軸が交錯し、人類の未来への〈希望〉に収束していく構成がすばらしかった。一方で、オチの〈希望〉がなんともささやかなのも小洒落てる。