映画狂凡人(映画感想ツイート倉庫)

さいきん見た映画の感想を書いています。ネタバレありなので未見の方は注意してください。

「幕末太陽傳」感想

f:id:StarSpangledMan:20200728000138j:image

幕末太陽傳、みた。大傑作!あとから知ったが有名な古典落語をベースにしているらしい。チャキチャキと動きまわるフランキー堺を見ているだけで楽しい!幕末史と絡めた死の匂いから逆説的に湧き上がる生の衝動。ここにいる人たちは命を全力で使い果たしているのだ。江戸の町人として生きてみたいな!

遊郭の建物がすごい。セットがよくできてる。二階に上がる階段とすぐ脇の行燈部屋、客間の並ぶ廊下の奥行き、そのさらに先に突き出すのは通りに面した踊り場。佐平次が動きまわるに十分の舞台。ひとつの建物にも豊かな表情がある。特に佐平次が抜け出そうとする夜中の廊下!ひんやりと恐ろしい空気。

一つひとつのカットが美しい。バチバチに決まった構成、それをテンポよくつなぐ編集。こはるがいないと騒ぎ立てるオヤジの迫る顔!だんだん寄ってくるのが面白い。高杉晋作久坂玄瑞など実在の志士も登場。賑やかな人情噺のバックには常に血の臭いが漂う。鈴木清順けんかえれじい」を思い出す。

「地獄も極楽もあるもんけえ。俺はまだまだ生きるんでい!」と。明らかに異質な墓場の場面。唐突な転調に動揺する僕を尻目に、佐平次は啖呵を切って走り去ってしまった。なんてあっけらかんとしたラスト。同じ川島雄三洲崎パラダイス 赤信号」における終わらない男女の旅路=バスで島を去るを連想。

菅井きんが当時31歳。いやいや、嘘だろ!と思ったら笑 ずっとおばあさんじゃないですか彼女。「洲崎パラダイス 赤信号」もオールタイムベストに匹敵する一本だが、「幕末太陽傳」も相当おもしろかった。川島雄三の作品をもっと見てみたいと思った。

「残穢 - 住んではいけない部屋 -」感想

f:id:StarSpangledMan:20200724175055j:image

残穢 - 住んではいけない部屋- をみた。とあるマンションの一室から明かされる穢れの歴史。なるほど、たしかにいま自分が住んでいるところの過去って意外と知らない。どちらかというとミステリー。あまり怖くないし、過去の経緯が複雑すぎて詰め込み感はあった。成田凌の正しい使い方が見られる作品。

「家族ゲーム」感想

f:id:StarSpangledMan:20200723213645j:image

家族ゲーム、みた。これは不条理メリー・ポピンズですね。何処からともなくやって来た三流大の家庭教師。目玉焼きをすする音、食器が重なる音、手のひらが頬を叩く音。すべてがギシギシと耳に響いて不快だ。同じ空間に居ながら関心を示さない家族が最後に陥るカオス!なんて居心地の悪い映画なんだ!

学校に殴り込んだ時の先生との会話の間が面白い。そしてやはりクライマックス。どんどん〈食卓〉が崩壊していく気持ち悪さったらないですよ。一つひとつのカットが決まってる。狭っ苦しい団地のリビングや子ども部屋と、解放的な野原やコンビナートの対比。すべてが無機質であり工業的。

高度経済成長が終わり、そろそろバブルというタイミング。家族ゲームというタイトルは興味深い。そう、これはロールプレイングゲーム。与えられた役割をこなす。自分はプレイヤーであり、他人はゲームの一要素に過ぎない。そういう意味で吉本はゲームのバグ的存在なのかもしれない。

誰もが異常な世界で、吉本は際立っている。有名な横並びの食卓が「最後の晩餐」を連想させるように、ところどころ聖書的モチーフが散りばめられているあたりにも、彼の特異性が現れていると思う。ラストはどう解釈すればいいだろう。キリストが去った後、この俗っぽい世界は腐ったままなのだろうか。

この映画に登場する様々なイメージを深く読み込んでいってもいいんだけど、聖書的モチーフや無機質さを通して沸き起こる〈感情〉こそなにより大切であって。これらがなにを意味しているのか?を考えるよりも、そういう語り口なのだと捉えた方がいろいろ納得できる。個人的には。

「劇場」感想

f:id:StarSpangledMan:20200721091223j:image

劇場、傑作!が、これを好きというのは少し憚られる。なぜならこれは変われない男の虚しさと自己愛の物語。永田の無様さに辟易すると同時にどこか自分を重ねてしまう。それが悔しく、気持ち悪いなと自己嫌悪にも陥る笑 山崎賢人松岡茉優という大スターが看板ながらこの生活臭とどん詰まり感よ!

「火花」と基本的には同じである。舞台に立つということ。不完全な才能がたまたま巡り合ったパズルのピース。変われない男と、変わっていく女。人と人の関係とは残酷なもので、時の移り変わりによって、簡単にバランスを崩してしまう。そのままであってくれと願ったとしても。なんとも切ない。

またもや井の頭線沿線。そしてガラケー。そう、この物語はスマホ世界では成立しない。あくまでガラケー。LINEじゃなくてメール。フリック入力じゃダメなんだ。黄ばんだ歯の山崎賢人はもはやかつてのアイドル俳優ではない。対する松岡茉優。あの純粋無垢な距離取り方ゆえの嫌悪感。残念ながらわかる。

ただ松岡茉優は肌が綺麗すぎる。ダブルワークをこなしてゴミだらけのアパートで寝起きして、あのツヤとハリはおかしい。そこだけは残念だった。しかし、彼女は安っぽい服が似合う。ドンキにキティちゃんのサンダルで買い物に来る感じ。しかし「蜜蜂と遠雷」では麗しいピアニスト。この振れ幅がすごい。

永田の役は池松壮亮じゃないか?とも思ったけど、最後まで見て納得。彼がやったらもっとネットリした感じになる笑 山崎賢人の生来の爽やかさでなんとか見られるものになっている、と言ったら怒られるだろうか。それだけ永田という男は嫌悪感を催すのだ。彼をナルシストと言わずして、と思う。

ネタバレにならない程度に。俺はあの自転車のシーケンスが好きだ。二人乗り、交わらない視線。しかし側に感じる体温。ここに永田と沙希の関係の矛盾と行く末が暗示されている。こういう文芸ちっくな演出が随所にあってとても良かった。思わぬところで刺さるディテールがあり、直視できないところも笑

「パブリック 図書館の奇跡」感想

f:id:StarSpangledMan:20200718132013j:image

パブリック 図書館の奇跡、みた。大寒波のシンシナティで図書館を占拠する70人のホームレスと、彼らと共に立ち上がる職員の姿を描く。声なき者が声を上げる。たとえ世界が変わらなかったとしても「私はここにいるんだ」と主張するために。図書館は市民社会と民主主義の根幹であることを痛感する傑作!

フレデリック・ワイズマン監督「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」を思い出す。図書館はつねに開かれたパブリックな空間でなければならない。人類の蓄積した知は誰に対しても、分け隔てなく共有される。日本のとは異なり、アメリカの図書館は高度に政治的な空間なのかもしれない。

映画の中でも市長候補の郡検察官が交渉現場に乗り込んでくる場面がある。単なる有権者向けのアピールでしかないのだが、図書館をどう理解するか、ホームレスの決起を何のためのアクションと捉えるかは、非常に政治的な判断である。図書館の責任者であるアンダーソンの態度にもそれは出ている。

主人公のスチュアートはどちらかというと巻き込まれた側なのだが、徐々にこのデモの主導的ポジションを取ることになる。煮え切らないようでいて芯の強さと頑固さを見せる。それは時にまわりが制止するほど。エミリオ・エステベスのいろんなものを抱えた末の〈落ち着き〉の表現がよかった。

「孤独なふりした世界で」感想

f:id:StarSpangledMan:20200717222600j:image

孤独なふりした世界で、大傑作!人類が死に絶えた地球で孤りぼっちのデル。空き家整理をしながら自分だけの楽園を作る彼のもとに風変わりな少女が現れ…。けっして青空の見えない。薄暗い世界。なのにふたりの間をながれる静かでゆっとした時間が心地よい。案外世界の終わりも悪くないかもしれない。

f:id:StarSpangledMan:20200717222606j:image

ピーター・ディンクレイジの哀愁ただようセクシーな雰囲気がたまらない!ひとりで空き家整理をし、一人ひとり亡くなった方を埋めていく。人類の忘れ物を丁寧に片付ける。ひとり置き去りにされた世界をちょっとずつ作り替えていく過程でもある。図書館がいい。あそこには〈過去〉がたっぷり詰まってる。

f:id:StarSpangledMan:20200717222639j:image

そしてデルの街に転がり込んでくるグレース。エル・ファニングと世界の終わりに二人きり。もうこの設定だけで圧倒的に勝ちです。つらい過去の記憶から逃げるように現れた謎多き少女。心の内が読めないけれど、犬を拾ってみたり、スーパーでお買い物を楽しんだり、お茶目な姿がかわいい。

いい感じの小品だなあと思ったら去年の「未体験ゾーンの映画たち」公開作品らしい。邦題もとてもいい。うっすらと射す日の光と黒い影のコントラスト、静かに流れる風…人気のない町の空気感が好みだ。ロックダウン下の世界を思い出さずにいられないが。終盤のとある展開以後の描写もいい。思わぬ発掘!

「透明人間」感想

f:id:StarSpangledMan:20200716221323j:image

透明人間、面白かった。夫の束縛から抜け出したはずのセシリアの身に、不可解な出来事が起こり始め…。2時間ひたすらスクリーンに噛り付いてしまう映画でした。何もないはずの空間にただよう圧、自分にしか〈見えない〉ものが〈見える〉。騒げば騒ぐほど疑われる…だけで終わらない!大傑作!

緊迫感の高まる場面は長回しで。カットを切らない。どうやってこの局面を切り抜けよう?セシリアと一緒に考える。エリザベス・モスの顔が凄まじい。カサヴェテス作品のジーナ・ローランズ的な。追い詰められた人間から滲み出る〈狂気〉がある。ガジェットのデザインも良かったし、最後の展開も好き。