映画狂凡人(映画感想ツイート倉庫)

さいきん見た映画の感想を書いています。ネタバレありなので未見の方は注意してください。

「パーム・スプリングス」感想

f:id:StarSpangledMan:20210410201611j:image

パーム・スプリングス、みた。結婚式の夜を何万回も繰り返すループにハマってしまったナイルズと、そんな彼に巻き込まれたサラの物語。この手のタイム・リープモノは結論が決まりきっているので新鮮さはないのだが、コロナ禍で丸一年退屈な日々を過ごした自分には、改めて切実に感じられる映画だった。

「ブルックリン・ナイン-ナイン」でおなじみのアンディ・サムバーグが主演。彼はただひょうきんなだけじゃない。強くて優しい。そこが大好き。悲しみを知ってるがゆえの明るさ。ヒロインのクリスティン・ミリオティ、見覚えあるなと思ったら「モダン・ラブ」第一話に出てましたね。

語弊があるかもしれないけど、サラを演じるクリスティン・ミリオティは、ちょっぴり幸せにはなれなさそうな顔をしている。なにか抱えてそうだな、拗れがありそうだなと思わせる。不思議な魅力を持った役者だと思う。J・K・シモンズは安定。サイコな顔、家族を持つ父の顔、いろんな表情を見せてくれる。

パーム・スプリングス、サラがタイムリープに巻き込まれたときの絶望は、このコロナ禍に於いて違った意味合いを帯びてくる。もはやリゾート地ですらない、毎日暗いニュースばかり聞いて家に閉じこもっているこの日々の方が、ある意味地獄と言えるかもしれない。「ここでは全てが無意味」の言葉が重い。

タイムリープ系のロマコメといえば「恋はデジャ・ブ」が傑作だが、こちらが冬のペンシルベニアだったのに対し、本作は砂漠のリゾート地を舞台にしている。燦々と照りつける太陽や、ナイルズとサムの妙に肩の力の抜けたテンションが心地よい。とりあえず今を楽しむか、と思うのもわかるロケーション。

「砕け散るところを見せてあげる」感想

f:id:StarSpangledMan:20210410190247j:image

砕け散るところを見せてあげる、みた。いじめられっ子の坡璃と、彼女に手を差し伸べる清澄。よくある青春恋愛映画かと思いきや、結構ヘビーなお話。だが、正直それほどハマらなかったかな〜。助演ながら清原果耶と堤真一の存在感が光る。「殺さない彼と死なない彼女」がツボだった人は好きかも。

前半かなりモタつきますよね。話のペースが掴みにくいし、ここにボリューム持たせすぎたせいで終盤のメッセージがぼやけて見える。清原果耶の登場はもっと早めるべきだったと思う。中川大志のセリフ回しも安っぽいし、トイレに閉じこまれれた坡璃を助ける件のまどろっこしさは酷い…笑

石井杏奈は頑張ってたけど、役を自分のものにしていたとは思えなかった。かなり抽象的な言い方になるが、スクリーンに映る以上の深みがない。もっと目線や身振り、呼吸のトーンから彼女を理解するための情報が込められているべきだと思う。俺が拾えてないだけなのか、それとも演出が悪いのか…。

観客である俺の関心はすでに先に進んでいるのに、映画はなぜか現在地をぐるぐると回ってなかなか次を見せてくれない、すなわち、あまり面白くもないやりとりをずっと見せつけられるのが前半。堤真一が登場してから物語は加速するが、すでに映画に対する興味が薄れているので乗り切れず…という。

終盤、思わぬ?伏線回収もあるが、正直、それやるんだったらもっと尺を厚くしてよと。「サヨナラまでの30分」や「青くて痛くて脆い」を見た時も思ったのだが、俺はもうこの手の作品のターゲットではないのかもしれない。振り返ってみると文句ばかり出てくるので、ここらへんでやめておきます。

「ザ・スイッチ」感想

f:id:StarSpangledMan:20210410011600j:image

ザ・スイッチ、みた。シリアルキラーと地味な女子高生が入れ替わってしまった!というワンアイデアで押し切るホラー映画。中身が女の子のヴィンス・ボーンが面白い。キュンとくる恋愛要素もあるけど、見た目はおっさんのまま。キャスリーン・ニュートンは「名探偵ピカチュウ」の衝撃を超えなかったな。

クラスの端っこで固まってる地味な女の子、彼女をいじめる嫌味なジョックス、いじわるな先生、頼りにならない毒親…と、いつの時代のホラーを見ているんだ?と思ってしまうコテコテの設定に辟易したが、一応「入れ替わり」というギミックのフリにはなっている。が、もう一捻りあったのでは。

良くも悪くもヴィンス・ボーンの独り相撲だった。だんだん「彼女」が可愛く見えてくるからすごい。男だから怖がられることもあれば、その体力で得をすることもある。一方、女ゆえに舐められたり、逆に警戒されなかったり。もう一段踏み込めばもっと輝いた気がするけど。さらっと描いてたね。

キャスリーン・ニュートンは地味な女子演じるにはちょっとオーラがありすぎるし、眼力が強い。このキャラは「人なんて殺せなさそう」にみえることが肝だと思うが、最初からそれなりに強そうだし。「名探偵ピカチュウ」はハマっていただけに。凡庸なホラーヒロインの枠を出なかったと個人的な印象。

入れ替わりモノならばヒロインとシリアルキラーで何度か入れ替わっても良かったのにと思う。むしろ、俺はそのことを期待していたのかもしれない。女子高生とシリアルキラーが入れ替わってしまった!という設定自体は面白いのだが、最後まで引っ張るには弱い。タイムリープモノや入れ替わりモノはその反復にこそ面白さがあるので、「主人公が元に戻れるか」で引っ張るのであれば過程をひねって欲しいし、そうでないのであれば、何回も入れ替わるおかしさを突き詰めてもよかったのかなと個人的には思います。

「ヒズ・ガール・フライデー」感想

f:id:StarSpangledMan:20210407235253j:image

ヒズ・ガール・フライデー、みた。スクリューボール・コメディの代表作。再婚を機に記者を辞めるヒルディと、彼女をジャマする未練たらたらの元夫・ウォルター。いくらC・グラントと言えどフォローできないクソっぷりだが、雪崩のように押し寄せる丁々発止の会話でどうでもよくなる。てか電話多いな!

発行部数第一主義でスクープを追いまわす新聞記者の品のなさが、なかなかすさまじい。ウォルターもヒルディも結局事件を追うのに必死になって周りが見えなくなる感じとかね。ノンストップの会話劇で楽しく見えるけど、冷静に考えて結構ヤバい人たちですよ。

発行部数第一主義でスクープを追いまわす新聞記者の品のなさが、なかなかすさまじい。ウォルターもヒルディも結局事件を追うのに必死になって周りが見えなくなる感じとかね。ノンストップの会話劇で楽しく見えるけど、冷静に考えて結構ヤバい人たちですよ。

留置所の記者室が楽しい。暇つぶしにみんなでタバコを燻らせながらトランプ遊びに勤しむ。冒頭のレストランにおけるウォルター、ヒルディ、ブルースの三人の会話シークエンスでも思ったが、とにかくこの映画は煙い。白い煙で空間を埋めないと気が済まないのか。作品の病的な落ち着かなさに寄与してる。

ハワード・ホークスの作品は(というよりこの頃の映画?)話の畳み方が雑なイメージがある。正直、ヒルディの記者スイッチ入ってひとりトランス状態になってたあたりがピークかな。受話器二つ持ちでウォルターとブルースを同時に捌くのは面白かった。この後ウォルターもこの電話サイファーに加わるが笑

ヒルディとウォルターが記者モードに入ってふたりでアタフタしてるところなんて完全にハイになった人たちだ。そこからつまみ出されるウォルターや彼の母が気の毒で仕方ない笑 最後まで彼らは被害者だった。しかし40年公開とは言え「ヒトラーの記事なんてコメディ欄にでも書いとけ」は際どいセリフ。

「ローズマリーの赤ちゃん」感想

f:id:StarSpangledMan:20210404164110j:image

ローズマリーの赤ちゃん、みた。いやぁ〜、面白かった!これまでみたホラー映画でいちばん好きかも。奇妙な悪夢をきっかけに妊娠したローズマリー。相次いで身に降りかかる不幸に、彼女は隣人を疑うが…。直接的な描写はないのに本当に怖い。果たして彼らは悪魔教徒か、それともただのパラノイアか。

ミア・ファローの病的なまでに痩せ細った身体と、不安定な演技がとってもよかったです。その言動に狂気が滲むからこそ、妊娠から来るノイローゼなのか、それとも本当に住人たちが悪魔崇拝者なのかがボヤける。サスペンスフルだ。ジョン・カサヴェテスの無神経夫っぷりもいい。全然人の話聞かねえし笑

そういえば去年公開されたリメイク版「透明人間」は、この映画を元ネタにしていたのだなと。最後までどっちにオチに振り切れるか分からないのが面白い。聞く耳持たない夫や、おっせかいな大家さんより、仲のいい女友達の方が頼りになるのもリアル笑 誰も信じてくれないって怖いなあ。

基本室内のカットになるせいか、やたらと閉塞感を覚える映画だ。かなり緻密に演出が組み立てられているんだろうなぁとは思うけど、さっぱり言語化できないのが残念なところ。ほんらいパーソナルな領域であるはずの自宅に老夫婦がズカズカ入ってきて「お節介」が「侵食」になるあたりから調子が狂う。ローズマリー悪魔崇拝を疑う理由も「変なドリンク飲まされた」とか「最近体調がすこぶる悪い」みたいにふんわりしてたり、「魔術の本に同じことが書いてある」みたいなどうとでも取れる内容なんですよね。しかもその繋がりは本人(と観客)しかわからない。他人からすれば陰謀論。ここが憎い。

 

「星影のワルツ」感想

f:id:StarSpangledMan:20210404122309j:image

星影のワルツ、みた。NHK制作の単発ドラマ。東日本大震災の大津波で家を流され、福島沖を三日間も漂流した男性の体験を描く。妻と一緒にいたはずのに、自分だけが助かってしまった後ろめたさ。とにかく津波到来からトタン屋根に捕まるまでの流れが生々しく、かつ、壮絶。現実として受け止めきれない。

「星とレモンの部屋」感想

f:id:StarSpangledMan:20210404122207j:image

星とレモンの部屋、みた。創作テレビドラマ大賞で、先日NHKで放送された単発ドラマ。母が倒れたのに助けを呼べない引き籠りのいち子と、そんな彼女とチャットでやりとりする男の物語。セリフ過多で、あまり目新しさも感じなかったのだが、終盤にかけての畳み掛けがすばらしかった。音楽がいい。